トップページへバラクラWEBショッピング蓼科高原 バラクラ イングリッシュガーデン“今日のガーデンの様子”
バラクラ各店舗のお知らせブログバラクラ全国店舗一覧バラクラへのアクセスお問い合わせ先一覧求人・採用情報
バラクラのご案内 バラクライベント情報 セミナー・スクール情報 ショップのご案内 英国式庭園(イングリッシュガーデン)デザイン/設計・メンテなど造園のご案内 バラ色の暮し(バラクラオリジナルファッションブランド)の ご案内

« 2007年09月 | メイン | 2007年11月 »

2007年10月23日

クリスマスレクチャー内容変更のお知らせ


11月16日(金)、17日(土)の二日間で予定していたクリスマスコンテナレクチャーですが、
16日(金)のみ時間と内容が変更となりました。
11月16日(金)はケイ山田による直接指導で受講していただけます。
リースも作成していただけますので、開始時間が少し早くなりました。13時からのスタートとなります。
なお、17日(土)のクリスマスコンテナレクチャーは通常通り13時30分のスタートで、
心斎橋店スタッフによる講習会となります。

以下、ご確認くださいませ。

■ケイ山田と準備する/クリスマスリースとコンテナレクチャー
日   時:2007年11月16日(金) 12時30分より受付・13時からスタート
講   師:ケイ山田
講習料:10,500円(講習料・リース材料費込、コンテナレクチャー材料費・送料はフリーチョイスレクチャーの為別途必要)


■クリスマスコンテナレクチャー
日   時:2007年11月17日(土) 13時より受付・13時30分からスタート
講   師:心斎橋店スタッフ
講習料:2,100円(コンテナレクチャー材料費・送料はフリーチョイスレクチャーの為別途必要)

2007年10月09日

ピーコックポット

ピーコックアップ.jpg


今、大丸心斎橋店の1階中央フロアにて、ウィッチフォード社のピーコックポット等がディスプレイされています。
この鉢は今春に開かれたイングリッシュガーデンショウに向けて、大丸百貨店のシンボルとなっている孔雀(ピーコック)をモチーフにウィッチフォード社のジム・キーリング氏が製作してくださったものです。
ウィッチフォード社の今年のパンフレットにも次のように紹介されています。

Large Pots

Increasingly we find that we are working with customers to create something unique to them,The hand-making process lends itself to producing small runs of specially designed pots,perhaps featuring a coat of arms,some design quirk of the customer's property,or a special effect.

One of Whichford's specialities is the making of very large pots.We can make pots up to 48inches diameter,using techniques developed uniquely at Whichford.

The Peacock Pot,for example,pictured right,was created for a Japanese customer and is constructed from over 130 separate pieces.

最後の一文にもあるように、なんと130個のパーツを組み合わせて作られているそうです!
そして、Japanese customerはバラクライングリッシュガーデンのことですね。
オーナーのジム氏は、(とても大きな鉢なので)ウィッチフォードならではの鮮やかなオレンジ色で作成するよりも、少し白っぽい色目の方が落ち着くだろうと予想して、いつもより白っぽい土の色を選んだそうです。

化粧品売り場全体.jpg

ぜひ心斎橋へお越しの際はお立ち寄り、ご覧くださいませ。
大丸心斎橋店の重厚なヴォーリズ建築とウィッチフォード社のコラボレーション! 素敵ですよ。
そして、お時間ありましたら屋上の店舗へもいらしてください。
秋のお花や球根がたくさん入荷しております。ぜひ、お買い物もお楽しみくださいませ。

2007年10月03日

秋のバラにうっとり。

9月末頃よりぐんと気温が下がり、関西も秋らしくなってまいりました。
暑さはまたぶり返すかもしれませんが、朝夕は随分と涼しいので、屋上のバラ達もすくすくと動き始めた様子です。

来週10月11日(木)に「秋の実のなるバラを使ったコンテナレクチャー」を開催いたしますので、
まずは、実バラを少しご紹介します。
ロサ・バージニアナの寄せ植えです。きれいなオレンジ色。
DSC01487.JPGグラウカ実.jpg

毎年楽しみなのが、下の写真。キフツゲートです。
大きくなるつるバラですが、花火のが散ったような房なりの実。
寒くなるにつれて真っ赤な色に染まります。
キフツゲート.jpg


もうひとつ楽しみなのはランブリングレクター。
こちらもつるバラですが、今はまだグリーンの実。
オレンジ色に染まるのはクリスマスの頃でしょうか。
ランブリングレクター.jpg


お花も少しずつあがってきました。
ペネロペ。この子は本当に優秀。
秋の方が花上がりが良いように思います。
ペネロペ.jpg


お次はマダムアルフレッドキャリエール。
花びらが紙のように薄いです。
マダムアルフレッドキャリエール.jpg


こちらは、今年初入荷したイエローダグマーハストラップ。
ハイブリットルゴサ種で、幹にしっかりとついた棘がすごい存在感。
まだ蕾ですね。
イエローダグマーハストラップ.jpg


こちらは、フィッシャーマンズ・フレンド。
今年初冬に入荷したのですが、春はお花があがりませんでした。
秋に一番花が咲いてしまいましたが、イングリッシュローズなので四季咲き性です。
この子もまだ蕾。
フィッシャーマンズフレンド.jpg

他にもたくさんございますが、秋バラの季節はこれから、といった感じです。
ちらほらとしかあがってきませんが、秋に咲くバラは色も香りも濃厚な感じで、うっとりとしてしまいます。

11日のレクチャー、まだまだご参加お待ちしております。
ぜひ、ご予約くださいませ。



〒542-8501 大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-7-1
大丸心斎橋店屋上
06-4704-5860
店舗地図

大丸心斎橋店 バラクラ イングリッシュ ガーデン

このページのトップへ移動します
トップページへ会社概要求人・採用情報マスコミ掲載履歴ニュースリリースお問い合わせ
蓼科高原 バラクラ イングリッシュ ガーデン
〒391-0301 長野県茅野市北山栗平5047 TEL.0266-77-2019 FAX.0266-77-2819
Copyright (C) BARAKURA English Garden. All Rights Reserved.
当サイトに掲載の記事・写真・イラストなどすべてのコンテンツの無断複写・転載・公開等を堅く禁じます。